バストケアクリームの有効成分と効果について

バストクリーム 画像

バストに塗るだけでバストアップ効果を得られる人気の
バストケアクリームに含まれる有効成分、効果について
紹介しています。

 

さまざまなバストケアクリームがあるので、自分に
合うものを探す際の参考にしてみてください。

 

 

バストアップに効果的な有効成分

 

プエラリアミリフィカ

 

タイの山岳地帯に自生している植物で、古くから現地では
食用として使われてきました。

 

プエラリアミリフィカを食べている村の女性のスタイルは
非常に美しいということに注目し、プエラリアの研究を
行ったところ、プエラリアの根元(根塊)には植物性エストロゲン
という成分が豊富ということが分かりました。

 

植物性エストロゲンは、本来体内にも存在している女性ホルモンと
よく似た働きをし、ホルモンを活性化、調節する働きがあるため
女性の体づくりに効果的なのです。

 

大豆イソフラボンが今までは良いとされてきましたが、
プエラリアには大豆イソフラボンの40倍植物性エストロゲンが
含まれているため、近頃のバストケアアイテムには
プエラリアが使われています。

 

ボルフィリン

 

注目のバストアップに効果的な有効成分です。
ハナスゲというユリ科の植物から抽出しており、主成分は
サルササポゲニン。

 

プエラリアは女性ホルモンの働きを促しますが、ボルフィリンは
バストの土台の脂肪組織を増やす働きがあると言われています。

 

脂肪組織の分裂や増殖を促すことで、バストアップや形を
キープする効果に期待することができるのです。

 

ボルフィリンはこの成分の研究と開発を行ったフランスの
化粧品会社セダーマ社によってつけられました。

 

商品によってはハナスゲ根エキスと表記されています。

 

ワイルドヤム

 

熱帯地方由来のハーブで、バストアップのアイテムにもよく
使用されています。

 

最近はさまざまなところで育てられていますが、元々は熱帯、
亜熱帯地域の植物で、特殊な生育条件をそろえないと
成長しないため、希少性の高さは変わりません。

 

女性ホルモンにアプローチし、更年期障害、PMS、バストアップ
効果的ということで知られますが、生活習慣病予防にも
効果があるとして注目されています。

 

大豆イソフラボン

 

大豆イソフラボンには、植物性エストロゲンが豊富に含まれ
体内のエストロゲンになりすまして働くことで、プエラリア同様に
バストアップ効果に期待することができます。

 

女性ホルモンを整えることで、更年期障害などのトラブルにも
効果を発揮します。

 

大豆イソフラボンはプエラリアと同じで女性ホルモンと
似た働きをするため、乳腺の発達、脂肪を蓄える働きがあり
バストのボリュームアップに重要です。

 

豆腐、豆乳、納豆などからも手軽に補えるので食事の中でも
大豆製品を積極的にとるといいでしょう。

 

 

バストケアクリームを選ぶ際、他にも美肌成分、アンチエイジング
成分などが含まれているアイテムもあるので、特におすすめ
したいのはそういった成分が含まれているものです。

 

コラーゲン、プラセンタ、アスタキサンチンアイ、ヒアルロン酸、
ビタミンC、ペプチド、アルブチンなどは肌に弾力やハリを
与え、透明感あるクリアな肌や魅力あるバストへ導きます。

 

関連ページ

美しい胸を作りバストアップ効果を期待できるケア方法とは?
バストアップに役立つコラムです。豊かで美しいバストを作る方法をご紹介します。
バストケアクリームの種類や選び方について
数多くのバストケアクリームが販売されていますが、ご自身に合ったクリームを選ぶ方法を伝授します。
バストケアクリームの使用方法と副作用の可能性について
バストケアクリームを使用する際、気を付けることは?気になる副作用は?詳しく解説します。