バストケアクリームの使用方法と副作用の可能性について

バストクリーム 画像

バストケアクリームをより効果的に使う方法、副作用などに
ついての解説をこちらで行っています。

 

これから初めて使う方は、参考にぜひご覧ください。

 

 

バストケアクリームの使用方法について

 

一度に使用する量

 

商品ごとに使用する量は異なります。
使用目安量を守り、過剰に使ったりしないようにしてください。

 

成分の過剰使用により、使用感が悪化したり副作用を
起こす可能性があります。

 

ただ、少なすぎても効果が十分に得られないので、必ず商品ごとの
使用目安量を把握して使うようにしてください。

 

使用するタイミング

バストクリーム 画像

 

いつ使うかのタイミングに決まりはありませんが、体があたたまっている
血行のいい時に使うのがおすすめです。

 

入浴後、就寝前に使うといいでしょう。

 

 

バストケアクリームの副作用について

 

プエラリアの危険性について

 

プエラリアは過剰摂取することで、副作用の報告があるため
注意が必要です。

 

女性ホルモンの乱れ、生理不順、生理痛悪化、ニキビ、肌荒れ、
下痢、頭痛、嘔吐などの症状を起こすことがあります。

 

サプリメントではなく、クリームでは高い危険性はありませんが、
念のために過剰に使用するのは控えてください。

 

プエラリア配合サプリメントを併用している場合は特に
気を付けましょう。

 

妊娠中、授乳中の使用

バストクリーム 画像

 

バストケアクリームは、多くの商品は妊娠中や授乳中は
使用しないように注意を呼び掛けています。

 

妊娠中、授乳中の女性ホルモンは通常時とは異なる分泌量に
なっているので、思わぬトラブルを起こすことがあるからです。

 

特に、妊娠初期のデリケートな時期は使用を控えるように
促していない商品であっても、使用はしないようにしましょう。

 

乳首を刺激すると子宮の収縮が起こり、おなかが張って
しまったり流産の危険性があるため、妊娠中の方はバストの
マッサージは控えてください。

 

マッサージをする場合、医師の指導に従い行うようにしましょう。

 

もしマッサージ中におなかが張ってきてしまった場合には、
すぐにマッサージを中止してゆっくり休んでおなかを落ち着かせてください。

 

おなかの張りが収まらない、痛みを感じる場合は診察を受けて
大事をとってください。

 

アレルギー体質の場合、事前に確認をとる

 

バストケアクリームには、豆類、イモ類由来の成分を
使用している商品が多くあります。

 

これらにアレルギーを持っている方が使用すると、アレルギー反応を
起こす可能性があるため、アレルギーがある方は事前に
配合成分を確認したうえで使用するようにしてください。

 

配合成分がわからない場合は、かかりつけの医師に相談を
してから使うようにしましょう。

 

アレルギーを持っていなくても、敏感肌の方や肌の弱い方は
腕の内側でパッチテストをしてから使用しましょう。
もしパッチテストをした部分が赤くなっていた場合は、使用を
控えたほうがいいです。

 

ボルフィリン配合クリーム

 

ボルフィリンはバストアップの効果が高い成分ですが、塗った場所の
脂肪細胞を分化、増殖させる作用があります。

 

少量の付着では問題ありませんが、ボルフィリン配合クリームを
使用した後にはすぐに手を洗うようにしてください。

 

関連ページ

美しい胸を作りバストアップ効果を期待できるケア方法とは?
バストアップに役立つコラムです。豊かで美しいバストを作る方法をご紹介します。
バストケアクリームの有効成分と効果について
話題のバストクリームにはどのような有効成分が含まれているのでしょうか。また、その効果は?詳しくご説明します。
バストケアクリームの種類や選び方について
数多くのバストケアクリームが販売されていますが、ご自身に合ったクリームを選ぶ方法を伝授します。